ゆにくらを応援しています。


by kafunsho

カテゴリ:オーディオ( 127 )

LUXMAN L-550A2

a0026694_1934215.jpg
久々のオーディオネタです。といっても、私がどうこうした訳ではなく、Bubbles氏が新しいアンプをオーディオ南海西田辺店さんで購入されました。お店まで同行して、氏の自宅で試聴までさせていただきました。氏のスピーカーは長岡式バックロード自作です。フォステクスの強力な磁気回路を持つ10cmフルレンジユニットを搭載するこのSPは、効率は高いもののアンプに対して駆動力を要求します。今まで使用していたマランツのアンプも悪くはないのですが、SPに対して役不足な面を露呈していました。以前、サトリアンプでドライブした時に、このSPの高い性能は体験しています。Bubbles氏が選択したアンプが、LUXMAN L-550A2 でした。出力は20W×2と小さいですがA級動作であるので駆動力はお墨付きです。リモコンが使え、SPの2系統切り替え、ステレオ-モノ切り替えモード、等々の多機能も特徴です。彼は、アナログ派でもあるので、フォノアンプも選択の大きなファクターでした。
a0026694_19343712.jpg


古いアンプを取り外し、新しいアンプで試聴を始めました。大概、最初に出てくる音がひどいのが通説ですが、いきなり良い音です。SPユニットをがっちりと駆動し、出てくる低音のタイトなことに驚きました。私の感想では、以前のアンプではベースの音にホーン付帯音がまとわりつき、他の音をマスキングしているように感じていましたが、このアンプではベースの音がシャープでリアルになり、他の音も明瞭に聴こえてきます。

ソースをCDからアナログレコードに換えて、試聴しました。最初の一枚目のレコードは、なにこれと言う音でしたが、2枚目3枚目と進むにつれて本領発揮し、これもまた素晴らしいです。最近のオーディオ機器としては決して高価とはいえない価格のアンプですが、いいアンプです。これから、追い込んでいけばどれぐらいよくなるのか楽しみです。
a0026694_19345167.jpg

[PR]
by kafunsho | 2008-03-27 19:36 | オーディオ

第一回J-1GP

a0026694_1522550.jpg
Jazzの聴ける理容室 Jimmy Jazz でおこなわれるオーディオイベント JJ工房に参加させてもらっている。毎回、参加者の持ち込むネタで驚かされ、かつ楽しんでいる。その、JJ工房がパワーアップして 「第一回J-1GP」として開催されるのだと言う。「・・・つまり、出場者(又はチーム)が、プレーヤーからアンプ、スピーカーまで全部一式持って来て、そこで誰が一番良い音を出すかを競うのである。・・・」ということで、詳しくはJimmy Jazz マスターのブログをご覧いただきたい。もちろん、Bubbles氏とチームを組んで参加する。まさか、UREIを持ち込むわけには行かないので、AMPEXで再挑戦を考えている。日時はゴールデンウイークの5/5である。
[PR]
by kafunsho | 2008-02-07 20:13 | オーディオ

HDD交換

a0026694_21351456.jpg
ナレオ・アイランダースCD制作の録音をおこなうために使用しているPCの性能が、同時録音の要求に対して足りていない事を以前ブログに書いた。その時には、CPU能力がクリティカルかと考えていた。そうなるとPCそのものを交換しなくてはならず高くつく。他に考えられる要因は、HDDの性能であった。現在4,200rpmのHDDが搭載されているので、7,200rpmのものに載せかえれば2万円以内で納まる。とりあえずこちらから手がけたのだが、これがドンピシャ。交換前だと高い負荷では音が途切れがちになるようなものでも、交換後は問題も無く処理が出来た。HDDの廃熱がずいぶん多くなるので、冷却に気をつければ使えそうである。
[PR]
by kafunsho | 2008-02-01 21:35 | オーディオ
a0026694_2132390.jpg
友人のBubbles氏に誘われて、フォステクス・限定発売ユニット「FE138ES-R」試聴会に日本橋の河口無線へお邪魔してきました。Bubbles氏の木工の腕前は以前紹介したのですが、実はスピーカー自作で腕を磨いたのでした。自作と言えば、故長岡鉄男氏、といえばフォステクスとオーディオマニアの一派を作るほどのファンの多いジャンルです。私がオーディオに目覚めた時には長岡氏は鬼籍に入られた後でしたので、とんとこの方面には疎くフルレンジバックロードを代表とする長岡自作SPをBubbles氏宅以外で聞くのは初めてでした。今回限定販売されたユニットは13cm口径のもので、メーカーの製品企画の方が詳しく説明をされたのですが凄まじい拘りで開発された物のようです。製造歩留まりが40%と大変作る事が難しいコーン紙、純マグネシューム製のセンターキャップ、純鉄ポールピース etc ここまでやるのかと驚きの商品でした。3種類のSPBOXで聴くユニットの特徴は、正確無比、超高速スピード、微小音量時の音の解像度、など他では聴けない種類の物でした。たしかに、これは気に入るとはまってしまうでしょう。ただ、ソースを選ぶのは間違いなく、聴く音楽のジャンルを狭めてしまう可能性を感じました。ツボにはまれば、それこそ別次元の音響世界を楽しめそうです。写真は、Bubbles氏撮影の「ターキー」と呼ばれるこのユニットを使ったSPシステムです。初めてこのタイプを見たときはあまりの変わった形に驚きました。でも、形から想像できない音がします。
[PR]
by kafunsho | 2008-01-26 21:04 | オーディオ

オーディオ南海西田辺店

a0026694_1752935.jpg
先日、オーディオ南海西田辺店へ伺ってきました。こちらは、アンティークから現代ハイエンド・オーディオまで取り扱うオーディオ専門店です。豊富な経験と知識をお持ちのご店主は、気さくで親切なお人柄からファンが多くいます。また、ご主人はジャズファンでもあり昨年2月にはお店でジャズライブを開催され、私も伺ったことはブログでも記事にしました。そんなことで、ディノヴィ大阪ライブのチラシを置かせてもらおうとお願いした所、快く了承いただきました。ありがとうございました。この時のお店には、タンノイのスピーカーの在庫が多くありました。中でも、名器オートグラフのプロトタイプといわれる、オートグラフ ONEがあり、これは珍しいものです。(上写真の一番奥に上部が見えています。)ユニットは、レッドが入っているとのことでした。オートグラフと並ぶもう一方の雄、JBLのパラゴンもあります。ただし、これは売却済みとのこと。中期型で外観はピカピカの極上品でした。
a0026694_1754256.jpg

[PR]
by kafunsho | 2008-01-17 17:06 | オーディオ

altec 4inch フルレンジ

a0026694_213133.jpg
えぇ~。豊中ネタをもう一丁。こちらは、Altecの4inchフルレンジを使ったSPシステムだ。ユニットの型番は405?センターキャップがアルミなのが?LE8Tに比べて、ふた周り以上小さい。音のスケールも小さくなる。アルテックらしい明るい明瞭な音は、こんな小さいものでもはっきりわかる。マニアでない一般の人はこちらを好む事が多いかもしれない。お店のBGMシステムなんかだと最高だ。
[PR]
by kafunsho | 2008-01-09 21:04 | オーディオ

LE8T

a0026694_18221249.jpg
久々に豊中オーディオへ出かけた。新年の挨拶もそこそこに、早速ご店主が「これを聴いてよ。」とお勧めの新作SPがこれである。JBLの8inchフルレンジ名器「LE8T」アルニコを豊中オーディオお得意の米松箱にセットしたものだ。JBLらしい陰影の深い音と弦の繊細な音に乗る美しい響きが素晴らしい。アルミのセンターキャップに高域のきつさを緩和するためのフェルトを張っているのが肝らしい。
[PR]
by kafunsho | 2008-01-07 18:22 | オーディオ

システム納品

昨日のデジタルアンプほかBGM用のシステム一式を、友人の開業予定の居酒屋店舗に持ち込みテストをしてみた。音量に不安があったのだが余裕でOKが出た。流す音楽はJAZZのみ。iPODに入れた曲をシャッフルで流す予定である。選曲は私がおこなった。開店したらここで紹介しようと思う。とてもうまい大阪名物「どて焼き」が楽しめる、料理も新鮮な海の幸、山の幸を仕入れるルートが確保できたので、これもまたお勧めしたい。開店予定は9月下旬で場所は大阪千日前である。乞うご期待!!
[PR]
by kafunsho | 2007-08-20 20:50 | オーディオ

Dr. Amp

a0026694_2132192.jpg
暑さに耐えかねて真空管アンプを使うのを止めて、デジタルアンプで音楽を聴いていることは先日ここに書いた。当初はチープな音と感じていたのだが、2日ぐらい聴いているうちに徐々に音がよくなってきた。アンプの電源をコンセント直接に取る事でかなり音が変化した。スピーカーも一年以上使用していなかったものなので、あたりがついてきたように思う。音源がiーPODの圧縮音源なのだがこれはこれで充分音楽が楽しめる。実は、このセットの嫁ぎ先が決まった。友人が新規開店する居酒屋のBGM用としてプレゼントをする事になった。眠っていた機材が有効に活用が出来て嬉しい。
[PR]
by kafunsho | 2007-08-19 21:04 | オーディオ

白旗

a0026694_20265850.jpg
さすがのこの日中の暑さで、真空管アンプの電源を入れるのを諦めた。でも、音楽が無いのは我慢がならない。一種の中毒かもしれない。最近使っていなかったi-PODを引っ張り出して、オモチャのようなデジタルアンプにつないで5cm口径のスピーカーを鳴らす。まあなんともチープな音である。暫くはこれで我慢か?!
[PR]
by kafunsho | 2007-08-14 20:27 | オーディオ