ゆにくらを応援しています。


by kafunsho

あと1週間

a0026694_23135628.jpg

早いものです。COPA DOIS 大阪ライブまで1週間をきりました。阪神タイガースも絶好調で4/17広島戦もさぞや盛り上がることでしょう。翌日からのライブ予定、4/20 岸和田「プランタン珈琲春木店」は、席が残り少なくなりました。4/18 なんば「JazzSpot845」、4/19 豊中「Cafe do Brasil TIPOGRAFIA」は、まだお席に余裕があります。札幌からやってくるボサノバデュオ「COPA DOIS」をこの機会にお聴きください。ライブのご予約、デモCDのご希望は

altnode@abox3.so-net.ne.jp   までメールにてご連絡ください。


「COPA DOIS」大阪ライブ

4/18(金) 難波「JazzSpot845」 PM7:30~
大阪府大阪市浪速区元町1-1-20 新賑橋B1F
http://www.geocities.jp/jazzspot845/
料金3,000円(税込) ワンドリンク以上のご注文をお願いいたします。

以下「ミニ・ライブ」

4/19(土) 豊中「Cafe do BRASIL TIPOGRAFIA」 PM8:00~
大阪府豊中市本町6-7-7
http://www.tipografia.sakura.ne.jp
料金2,000円(税込) コーヒー・ワンドリンク付
車でのご来場は、お店には駐車場がございませんが、お店の前に有料駐車場があります。

4/20(日) 岸和田「プランタン珈琲春木店」 PM3:00~
大阪府岸和田市荒木町1-2-10
南海本線春木駅春木商店街山側300m
料金2,000円(税込) コーヒー・ワンドリンク付
お店には駐車場がございません。近隣にも駐車場がありません。ご注意ください。
[PR]
# by kafunsho | 2008-04-12 07:24 | COPA DOIS

レコードラック 竣工

ついにレコードラックの据付が終わり、竣工いたしました。Bubbles氏に感謝です。
a0026694_011337.jpg

[PR]
# by kafunsho | 2008-04-10 00:11 | 日記

黒岩静枝

a0026694_21565014.jpg
土曜日曜とExpoJazzFestivalに行ってきました。オーディオ南海西田辺店さんのブースに間借りして、CD販売をしながらライブ鑑賞をという目論見は、脆くも崩れ去りました。ブースの位置がステージのほぼ真横であったこと、接客や呼び込みでそんな余裕はありませんでした。それでも、最終日のラストステージに出演の黒岩静枝さんの歌声があまりにも良いのでブースを抜けだしステージに近寄り撮影した写真がこれでした。最初に歌った「ヒア・カム・ザ・サン」ではまるでニーナ・シモンのようで驚きました。日本にもこんな女性ヴォーカルがいたんですね。黒岩さんは札幌で活躍しています。迫力があるのにとても細やかの表現が素晴らしかったです。バックの市川秀男さんのピアノを筆頭に素晴らしいリズムセクションでした。来月、大阪そごう劇場でコンサートをされるようです。聴きにいこうとおもいました。
[PR]
# by kafunsho | 2008-04-08 21:57 | 日記
a0026694_1634070.jpg

黒岩静枝さんです。めちゃいいです。(^O^)
[PR]
# by kafunsho | 2008-04-06 16:03 | 日記

RIVERSIDE JAZZ RECORDS

a0026694_19493850.jpg
1984年に初版がでた本書は、オークションで見かけて興味があったのだが、入手はできていなかった。改訂版が出版される事をブログで知り、早々にミムラさんに注文した。カラーのジャケット写真が素晴らしく、見飽きない。もちろんディスコグラフィとしても充実した内容である。著者の古庄紳二郎さんが個人で編纂されたもので千部発行された。それなりの価格ではあるが、その価値は十二分にあると思う。
a0026694_19495243.jpg

[PR]
# by kafunsho | 2008-04-04 19:50 | 日記
Bubbles氏に作成してもらっているレコードラックがついに完成した。先日の、LUXMAN アンプ試聴時に現物を見たのだが素晴らしい出来栄えであった。受け入れするために部屋の整理を継続中である。搬入日が来週月曜日に決定。これで念願がかなうのだ。
[PR]
# by kafunsho | 2008-04-02 18:19 | 日記
暖かくなり、いよいよジャズイベントが目白押しである。今週末には、万博公演のお祭り広場で「EXPO JAZZ FESTIVAL 2008」が開催される。今年から始まったこのイベント、オーディオ南海西田辺店でご店主から教えてもらった。昨年、お店でライブをされた「金谷こうすけ」さんがプロデュースされ、オーディオ南海西田辺店さんもイベントブースに出店されると聞いた。もちろん私も行くつもりだが、単に聴きに行くだけではつまらないので、ブースの隅でマシュマロレコードのCD販売をさせてもらう事になった。先日のジーンさんのCDやヤン・ラングレンなどの特に録音が良い物を中心に取り揃えようと思っている。もちろん、素晴らしい音のオーディオ機器でCDの試聴も出来る。お暇なら来てよね!と桜を見がてらお越しください。m(__)m

EXPO JAZZ FESTIVAL 2008

日程:4月5日(土)、6日(日)【雨天決行】
時間:<開場>12時 
<開演>13時半~17時半
場所:お祭り広場

<出演>
◎4月5日(土)
The WILL、杉本篤彦、ジャネット、金谷こうすけジャズ&クラッシックメンティングオーケストラ
◎4月6日(日)
南ルミコ、荒崎英一郎ビッグバンド、黒岩静枝
<MC>
両日 JANETT(FM-COCOLO DJ)

<お問合せ先>
EXPO JAZZ FESTIVAL実行委員会
TEL06-6341-7359

無料ですが、万博公演の入場料250円が必要です。
[PR]
# by kafunsho | 2008-03-31 22:11 | 日記

次のイベント

a0026694_23135628.jpg

COPA DOIS 大阪ライブまで3週間となりました。4/20 岸和田「プランタン珈琲春木店」は、席が残り少なくなりました。4/18 なんば「JazzSpot845」、4/19 豊中「Cafe do Brasil TIPOGRAFIA」は、まだお席に余裕があります。札幌からやってくるボサノバデュオ「COPA DOIS」をこの機会にお聴きください。ライブのご予約、デモCDのご希望は

altnode@abox3.so-net.ne.jp   までメールにてご連絡ください。


「COPA DOIS」大阪ライブ

4/18(金) 難波「JazzSpot845」 PM7:30~
大阪府大阪市浪速区元町1-1-20 新賑橋B1F
http://www.geocities.jp/jazzspot845/
料金3,000円(税込) ワンドリンク以上のご注文をお願いいたします。

以下「ミニ・ライブ」

4/19(土) 豊中「Cafe do BRASIL TIPOGRAFIA」 PM8:00~
大阪府豊中市本町6-7-7
http://www.tipografia.sakura.ne.jp
料金2,000円(税込) コーヒー・ワンドリンク付

4/20(日) 岸和田「プランタン珈琲春木店」 PM3:00~
大阪府岸和田市荒木町1-2-10
南海本線春木駅春木商店街山側300m
料金2,000円(税込) コーヒー・ワンドリンク付
[PR]
# by kafunsho | 2008-03-29 20:11 | COPA DOIS

LUXMAN L-550A2

a0026694_1934215.jpg
久々のオーディオネタです。といっても、私がどうこうした訳ではなく、Bubbles氏が新しいアンプをオーディオ南海西田辺店さんで購入されました。お店まで同行して、氏の自宅で試聴までさせていただきました。氏のスピーカーは長岡式バックロード自作です。フォステクスの強力な磁気回路を持つ10cmフルレンジユニットを搭載するこのSPは、効率は高いもののアンプに対して駆動力を要求します。今まで使用していたマランツのアンプも悪くはないのですが、SPに対して役不足な面を露呈していました。以前、サトリアンプでドライブした時に、このSPの高い性能は体験しています。Bubbles氏が選択したアンプが、LUXMAN L-550A2 でした。出力は20W×2と小さいですがA級動作であるので駆動力はお墨付きです。リモコンが使え、SPの2系統切り替え、ステレオ-モノ切り替えモード、等々の多機能も特徴です。彼は、アナログ派でもあるので、フォノアンプも選択の大きなファクターでした。
a0026694_19343712.jpg


古いアンプを取り外し、新しいアンプで試聴を始めました。大概、最初に出てくる音がひどいのが通説ですが、いきなり良い音です。SPユニットをがっちりと駆動し、出てくる低音のタイトなことに驚きました。私の感想では、以前のアンプではベースの音にホーン付帯音がまとわりつき、他の音をマスキングしているように感じていましたが、このアンプではベースの音がシャープでリアルになり、他の音も明瞭に聴こえてきます。

ソースをCDからアナログレコードに換えて、試聴しました。最初の一枚目のレコードは、なにこれと言う音でしたが、2枚目3枚目と進むにつれて本領発揮し、これもまた素晴らしいです。最近のオーディオ機器としては決して高価とはいえない価格のアンプですが、いいアンプです。これから、追い込んでいけばどれぐらいよくなるのか楽しみです。
a0026694_19345167.jpg

[PR]
# by kafunsho | 2008-03-27 19:36 | オーディオ
a0026694_19344551.jpg

写真はSkunk★World さんご提供

第1部の時間が予定より長くなりました。興が乗るとどうしても長くなるものです。休憩時間を少し短くして調整しました。第2部の幕開け前に、今年80歳傘寿を迎えるジーンさんに、長寿を祝って和傘をプレゼントしました。桜の季節を先取りしてピンク色、京都の和傘職人さんにお願いしてひらがなで「でぃのう`ぃ」と名前を入れました。喜んでいただけたようです。
a0026694_19353533.jpg

写真はSkunk★World さんご提供

さて、第2部はゲストのクラリネット奏者滝川雅弘さんが参加してのカルテット演奏です。滝川さんのレパートリーを中心に選曲です。普段の演奏とどう違うのか、期待していました。カルテットでのジーンさんのプレイは第1部と異なり、控えめです。フロントの楽器、ここではクラリネットをあくまで立てたプレイです。ピアノソロになっても、クラリネットソロを受けて曲全体を考えて演奏しているのがわかりました。一番感銘を受けたのは、ソロの受け渡しの見事さです。楽器が変わっても、音楽が澱むことなく流れます。滝川さんのソロも好調です。滝川さんの「チェロキー」はもう何度聴いた判りません。それなのに、今回のソロのホットさははじめて聴きました。この曲はテンポの速さが売りなのですが、今回はそれほどではありません。むしろ遅い方でした。にもかかわらず、この曲の持つハッピーさが最大限に発揮され、思わず体がスイングします。アンコールは、「グッド・バイ」です。ベニー・グッドマンでおなじみ、共演の経験も有るジーンさんですから、素晴らしくロマンチックな演奏となりました。そして、最後はお願いして「赤とんぼ」で締めくくり、スタンディング・オベーションで幕を下ろしました。

ちょど演奏会から1週間が経ちます。いまだに、「So In Love」のピアノの音が心のどこかに残っています。一生忘れられない思い出になりそうです。演奏会にお越しいただいたお客様、お手伝いいただいたスタッフの皆さん、滝川雅弘さん、中村尚美さん、佐藤英宜さん、大阪公演のきっかけを与えてくれた上不さんに感謝したいとおもいます。そして、何よりもジーンさんがこれからも元気でピアノを弾き続けていただける事を願います。また、いつか大阪で公演が出来ればと思います。(完)
a0026694_19361065.jpg

写真はSkunk★World さんご提供
[PR]
# by kafunsho | 2008-03-25 19:38 | 日記