ゆにくらを応援しています。


by kafunsho

CG25D 2号

オーディオニックス時代のもの。1号より新しい。バッチが赤色で珍しいものだ。初期のオルトフォンは、針のサイズを色で区別していたのでその名残だろう。赤はLPのモノである。こちらの針圧は5gかけている。とても盤のコンディションに敏感で、荒れている盤では針が飛ぶので使えない。ただ、1号より高音の再生能力は優れている。’50年中期以降の盤にはこちらが良い。あと3号機で現行のCG25Diもあるのだがこちらはやや音の質感が1,2号と異なっている。ワイドレンジであるが中音域の押し出しが弱い。現在、貸し出し中である。あ、SPU-MONOも持ってました。これは、まったく違うものです。
a0026694_161034.jpg
a0026694_16101353.jpg

[PR]
by kafunsho | 2006-06-18 16:11 | オーディオ