ゆにくらを応援しています。


by kafunsho

Mcintosh C26

a0026694_18281461.jpg
オーディオにのめりこんだきっかけを作ったのがこれである。馴染みのJAZZバー「トップランク」のマスターから譲られた(押し付けられた?!)のだ。これに引き寄せられるように残りをそろえた。

SP  UREI 813BX
Power Amp Mcintosh MC240
AD Player Garrard301

JAZZ定番の組み合わせだろう。これがぜんぜん駄目だった。初心者の私は機器をそろえれば
「トップランク」のような音が手に入ると思っていたのである。ショックであった。なにをどうすれば改善されるのか、周りに「音の達人」が居るわけでもなし真っ暗闇の半年が過ぎた。そんな或る日、友人の依頼で作ったエレキットのTU-870をふざけてつないでみた。驚いたこちらのほうがJAZZらしい音がするのだ。2万円弱のキットアンプにMC240が負けた。即効でMC240を手放した。(これには後日談があって、実はコンデンサーの容量抜けがあってまともな音になっていなかった。)ビンテージ品を使う怖さを経験した。その後しばらくはエレキットで鳴らしていたのである。
[PR]
by kafunsho | 2006-06-23 18:34 | オーディオ