ゆにくらを応援しています。


by kafunsho

LUXMAN L-550A2

a0026694_1934215.jpg
久々のオーディオネタです。といっても、私がどうこうした訳ではなく、Bubbles氏が新しいアンプをオーディオ南海西田辺店さんで購入されました。お店まで同行して、氏の自宅で試聴までさせていただきました。氏のスピーカーは長岡式バックロード自作です。フォステクスの強力な磁気回路を持つ10cmフルレンジユニットを搭載するこのSPは、効率は高いもののアンプに対して駆動力を要求します。今まで使用していたマランツのアンプも悪くはないのですが、SPに対して役不足な面を露呈していました。以前、サトリアンプでドライブした時に、このSPの高い性能は体験しています。Bubbles氏が選択したアンプが、LUXMAN L-550A2 でした。出力は20W×2と小さいですがA級動作であるので駆動力はお墨付きです。リモコンが使え、SPの2系統切り替え、ステレオ-モノ切り替えモード、等々の多機能も特徴です。彼は、アナログ派でもあるので、フォノアンプも選択の大きなファクターでした。
a0026694_19343712.jpg


古いアンプを取り外し、新しいアンプで試聴を始めました。大概、最初に出てくる音がひどいのが通説ですが、いきなり良い音です。SPユニットをがっちりと駆動し、出てくる低音のタイトなことに驚きました。私の感想では、以前のアンプではベースの音にホーン付帯音がまとわりつき、他の音をマスキングしているように感じていましたが、このアンプではベースの音がシャープでリアルになり、他の音も明瞭に聴こえてきます。

ソースをCDからアナログレコードに換えて、試聴しました。最初の一枚目のレコードは、なにこれと言う音でしたが、2枚目3枚目と進むにつれて本領発揮し、これもまた素晴らしいです。最近のオーディオ機器としては決して高価とはいえない価格のアンプですが、いいアンプです。これから、追い込んでいけばどれぐらいよくなるのか楽しみです。
a0026694_19345167.jpg

[PR]
by kafunsho | 2008-03-27 19:36 | オーディオ