ゆにくらを応援しています。


by kafunsho

<   2006年 07月 ( 35 )   > この月の画像一覧

スピーカーの高さ

a0026694_22101222.jpg
サブスピーカーのAMPEX620をUREIの上に設置していた。となると、SPの軸線は座った状態では頭の上30cmの高さになる。違和感があるので、下向きにしたり試しては見たが良い結果を得ることができなかった。たまたま、UREIの手入れのために床におろしてそのままになっていたのを、ROGERS CADET3の試運転のためにそのままで音を出したところ、ずいぶん状態が良い。床から30cmぐらいに軸線がくるのだが、音像はそれよりも倍ぐらいの高さに結ぶ。これは床の影響なのだろうか。さすがに床に直置きは気がひけるので台に乗せようかと思っている。
[PR]
by kafunsho | 2006-07-31 22:15 | オーディオ
a0026694_19164327.jpg
同じクルーナーでも、ハートマンほどドライじゃない、声にちょっと甘いところがある。ブルースもやっているので黒っぽいところも効いている。でも、どうしてもこのアルバムはPepper Adamsのバリトンに注意が行ってしまう。Roger Kellaway がピアノとアレンジで参加。
[PR]
by kafunsho | 2006-07-30 19:17 | 本日のレコード
a0026694_1926925.jpg
グループ名の+1が下の竹田一彦さんです。アルトサックス奏者の古谷充(たかし)のボーカルアルバムです。誰かに似ているとかが全然無いのです。上手いとかそういうのでもないし、味があるとしか言いようがありません。決して否定的なわけじゃなくて、ぜひ生で聴いてみたいと思わせる声です。CDで復刻されていたはずです。見つけたら一度聴いてください。
[PR]
by kafunsho | 2006-07-29 19:26 | 本日のレコード

The Good Life

a0026694_2010518.jpg
マニアが嫌がるストリングアルバム俗に言う”紐付き”ってやつやね。私は大好きです。ソロプレーヤーが嬉々としている姿が見て取れてうれしくなります。やっぱり気持ち良いですよ。大人数のバックを従えて演奏をするのは。関西ジャズギターの重鎮「竹田一彦」さんのアルバムです。自主制作に近いと聞いたのであまり見かけることは無いかもしれないですが、内容はすばらしいです。全曲スタンダードで’85年録音。Jimmy Cobb が参加しています。
[PR]
by kafunsho | 2006-07-28 20:12 | 本日のレコード
a0026694_1803666.jpg
JAZZにはまる原因がスタン・ゲッツで、ゲッツを聴くようになったのはボサノバから、そしてボサノバを聴くようになったのがこのアルバムから、とわらしべ長者のような話です。ボサノバと言うよりもMPBの重鎮であるこの二人がそろったボッサの原点みたいな一枚です。Domingo”日曜日”ですね。タイトル通りの日曜の夕方、「笑点」が始まる時間のようなけだるさです。(笑)冗談はさておき、今のカエタノやガルからは想像ができない素朴さがいいですね。

1曲目「CORACAO VAGABUNDO」が秀逸。
[PR]
by kafunsho | 2006-07-27 18:01 | 本日のレコード

6GW8/ECL86 顛末

a0026694_1737646.jpg
代替品が届いた6GW8をRogers Cadet3に取り付けて試運転をおこなった。今度はバッチリである。このアンプはやはり凄い。弦の表現は狂おしいほどの色気がある。AMPEXモニターSPとの相性もいい。

狭いところにごちゃごちゃと、おもちゃがいっぱいあるので凄いことになってるなぁ。試験が終われば片付けよう!

a0026694_18415653.jpg

[PR]
by kafunsho | 2006-07-26 17:39 | オーディオ

Gentle November 武田和命

a0026694_2134275.jpgなんと無駄の無い演奏なんだろう。余計な音は出さない。ひとつひとつのメロディに思いをこめて。そんな風に聴こえた。全曲バラードで8曲、前半は「Soul Trane」などのスタンダード、後半4曲は武田のオリジナル。山下洋輔がピアノを弾きプロデュースもしている。もちろんフリーではなく普通のピアノだ。’79年録音。録音も特筆できる優れもの。

武田和命(たけだ かずのり) ’89年癌により死去 享年49歳
[PR]
by kafunsho | 2006-07-25 21:06 | 本日のレコード

Seri 石川セリ

a0026694_22195579.jpg武満徹が没して今年で10年になる。無くなる3ヶ月前にでたCDだ。武満の映画音楽を中心とした歌曲を石川セリが歌う。武満のたっての願いで歌うことになったそうだ。武満といえば現代音楽の作曲家として有名であるが、映画音楽にも力を入れていた。現代音楽の作品とは対照的なわかり易い作品が多い。「翼」という曲を聴くと本当に自分に翼か生えて夜空を空高く飛んでいるような気分になる。石川セリの声と武満のメロディが幻想を誘うのだ。武満はJAZZが好きだったらしい。逆に現代のNYにおけるジャズマンにとって武満はカリスマだと聞いたことがある。
[PR]
by kafunsho | 2006-07-24 22:21 | 本日のレコード

Little Girl Blue 中本マリ

a0026694_18431283.jpg
JAZZを集中して聴いていると時々疲れる時がある、そんなときに和JAZZを聴くとなんだかほっとした気分になった。日本人の演奏になぜかしら引かれてしまうのだ。日常感といのか生活感を色濃く感じられるところに惹かれてしまう。とか言っても私は民族主義でも右翼でもないですよ。JAZZは人間性が演奏に色濃く出る音楽だと思う。

’74年録音。横内章治トリオをバックに中本マリが歌う一枚。顔に似合わないハスキーボイスで白人系のスタイル、英語の発音も良いほうだろう。横内のギターが抜群によい。
[PR]
by kafunsho | 2006-07-23 18:44 | 本日のレコード
a0026694_1944934.jpg
うひょひょぉ~。ええなこれー。ベイシーは相変わらずベイシーやし、ジョー・ウイリアムスは普通にジョー・ウイリアムスで、でも一緒にやるとなんとええんやろ。息がピッタシとはこのことやなぁ。気持ちがええわ。ほんま。

Johnny Hartman に Jimmy Witherspoon 、Johnny Mathis 好きな男性ボーカルはみんな頭文字が ”J” や可笑しいなぁ。
[PR]
by kafunsho | 2006-07-22 19:44 | 本日の収穫